医療トピックストップへ

第6回日本プライマリ・ケア連合学会開催

第6回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会が,2015年6月13-14日,前野哲博大会長(筑波大)のもと,つくば国際会議場で開催された。「人びとの暮らしを支える医療人の育成」をテーマに開催された今学会では,疾患治療から,予防・健康増進,医療・介護連携,生活環境の調整まで,幅広くテーマが設定され,歴代最多となる約4600人の参加者を集めた。本紙では,病院総合医に期待される役割を考察したシンポジウムと,エンド・オブ・ライフケアに際しての意思決定支援の在り方を議論したシンポジウムの模様を紹介する。

参照サイト:http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03132_01