医療トピックストップへ

多職種チーム・看護外来で支える 心不全患者の療養支援

「多職種チーム・看護外来で支える 心不全患者の療養支援」という命題のインタビュー(山部さおり氏 - 三菱京都病院看護部 慢性心不全看護認定看護師)を週刊医学界新聞WEBで紹介されております。
今回は、これを紹介させて頂きます。

慢性心不全は,退院後1年以内の再入院率が3割前後ともいわれ,再入院を防ぐには入院早期からの退院支援・在宅療養支援がカギとなる。慢性心不全患者に,看護師はどのような介入ができるのか。慢性心不全認定看護師の山部さおり氏に,三菱京都病院における取り組みを聞いた。

参照サイト:http://www.igaku-shoin.co.jp/paperDetail.do?id=PA03130_02