医療トピックストップへ

執刀医が遺族に謝罪文書

群馬大学医学部附属病院で手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、執刀した医師が一部の遺族に対し、「命を救うという目標を達成できず、大変申し訳なく思っています」などとする文書を送っていたことが分かりました。それについてNHKニュースで紹介されております。今回は、これを紹介させて頂きます。

群馬大学医学部附属病院では、腹くう鏡手術や開腹手術を受けた患者18人が、手術後数か月のうちに亡くなり、執刀した男性医師と上司だった教授が2人の患者の遺族に対し、謝罪の文書を送っていたことが分かりました。

参照サイト:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150620/k10010121431000.html